20代後半で転職のために

転職活動の際に、ほとんどの転職希望者はやる気を持って転職活動に望んでいる場合が多いが、本当にやりたいことが定まらずにやる気だけが空回りしている人も多いです。やる気を応募先に伝える事は非常に重要な要素であるが、いざやる気を伝える事を実行しようとしても、採用担当者にかえって当たり前という印象のようにとらえられて、採用担当者に伝わらないやる気をアピールして、結果的には不採用になったという人もいます。
採用担当者も話の内容だけで採否を判断するのではなくて、転職希望者の雰囲気で採用の要素に入れます。時代は流れていて、昔のような頑張ったから認められる時代ではなくて、現代は成果主義です。従って、やる気だけ主張したとしてもかえって印象を悪くする場合があります。与えられた事を必死でもがくように頑張るという印象で見られた場合は、応募者にやる気があったとしても具体性に欠けるという判断をする場合があります。つまり、これからの転職活動はやる気に関する具体性が重要になってきます。
現代に求められているやる気のある人は、ただ単に与えられた事を頑張るということではなくて、主体性を持って行動をする人のことです。但し、ただ単に自分の思う存分に行動をすれば良いという考えではなくて、目的意識を持って、目的を達成してから自分の目的を超越できる成果を上げられることです。
つまり、会社の採用担当者にチェックされる主体性とやる気に関して、志望動機をアピールする中で自分で主体性とやる気を振り分けるとアピールしやすいです。自分で考える事を習慣づけた言動が採用に近づきます。 転職サイト口コミ比較評判ランキング.com 転職サイトおすすめ

メニュー